BLOG私達の活動

Feel or Die

『「熱いストーブの上に手を当てたら1分がまるで1時間くらい長く感じられるだろう。
可愛い女の子と一緒にいる時間はどうだい?
1時間あったとしても1分間程度にしか感じられないだろう。それが相対性さ」

ふと立ち寄った本屋で対話したアインシュタインの言葉に
日常を見直すきっかけを見つけました。


いつも大変お世話になっております。

CustomerSuccessGroup Tokyo Unit 
THE SALON担当の五木でございます。


若さゆえの怠けでしょうか。
繰り返される日々がひどく白黒していて、渇きを感じる毎日です。

「こんな時こそ仕事に没頭したい」
そう思っても休日出勤は出来ないし、残業の制約もある。
ホワイト企業というのも良い事ばかりではありません。

スポーツをして得られる前向きな気持ちは
足が早く、気が付いたらまた日常に連れ戻されます。

シーバスリーガルがジムビームと同じ味になるまでお酒を飲んでも、
「お酒を飲んだ事」を一番強く感じるのは二日酔いの頭痛に起こされる翌朝です。

時間が経つのはあっという間です。

「齢を重ねると時間の流れをあっという間に感じるのは新しい刺激を感じなくなるから」

昔読んだ本の言葉がなんとなく意味を持って来ました。


飲み屋で隣になった年上の彼女も、
友人と酔っ払って声をかけた遊び人の彼女も
合コンで知り合った大学生も

みんな退屈でしかたありません。
一人でコーヒーを飲んでいる時間の方が幾分かましです。

何となく出会って、流れでデートを重ねて流れで付き合って…。
もう何もしなくても先が見えてしまって、刺激が足りない。

セックスをしていても心が遠ければ満たされません。

そんな何も刺激のない人生、死んでいるのと同じなのかもしれません。

人生はFeel or Die。
喜怒哀楽、様々な感情を全身で感じて満たされて生きるか、
モノクロで波のたたない世界で死んだように生きるか。

いつだって選択する権利は自分自身が持っている気がします。

「新しい自分に出会う場所 The SALON」

 

 

みたいなCMを地上波で垂れ流す日が来たら面白いなああ!!(笑)
ありますよね?
ちょっと語りの入った、ドキュメンタリーチックなあれです。

ああいうの大好きですが、
シークレットラウンジなので…多分ないですね…(笑)


いろいろと現状を打開したい男女様!!!!!


The SALONでの出会いは日常に彩りを添えるはずです。

私たちコンシェルジュが道案内をさせていただきますので、
安心して飛び込んでくださいませ。

お会いできます日を心からお待ち申し上げております。

引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

五木 純