BLOG私達の活動

選ばれるオンナの条件

いつもお世話になっております。
THE SALON の葉山 慎司でございます。

 

ユニバース倶楽部からの異動で、正式にSALON配属となってから10日余り。
まだまだ不慣れではありますが、一から新しい事に挑戦できる喜びに、感謝感激の毎日です!

 

現在、SALONには3名のスタッフがおりますが、私以外の羽田と河上は共に女性スタッフ。
私は紅一点ならぬ「白一点」として、女社会に挟まれ揉まれながら、雑草のように生きております(笑)。

 

特に、SALONの男性会員様とは年齢が近い事もあり、好みの女性のタイプについて共感できる部分が数多くあります。
本日は、そんなオジサン目線から、珍しく女性様に向けて、日頃のマッチングでの気づきをお伝えしようと思います!

 

ご存知の通り、SALONは通常の交際クラブとは異なり、ご紹介前に女性会員様のお写真を男性会員様に公開する事は一切ありません。
あらかじめ、男性様の理想の女性像を事細かにヒアリングしておき、それにマッチしそうな女性様をスタッフがピックアップして、男性様にご紹介していくシステムです。

 

そのため、セッティングは、ぶっつけ本番の一発勝負。
見知らぬ男女が、SALONの高貴な空間で、いきなり20分間のフリートークを繰り広げるワケです!

 

さて、この20分間で、男性様は女性様の何を見ているのか?
オトコ目線で、率直に申し上げますと…。

 

まぁ、8割方、ルックスです。

 

いや、9割かも知れません。いやいや、人によっては、98%!みたいな男性会員様もいらっしゃいます。
キレイ事抜きに、本能的な特性上、それほどオトコは「見た目が命!」な生き物なのです。

 

それでは、扉が開いて出会った瞬間、女性様の第一印象が、男性様のお好みのルックスではなかったら?
女性として、ポイントを挽回できる他の要素は、笑顔?優しさ?それともセクシーさ?

 

どれも大切だとは思いますが、ダントツ1番はゲンキだと思います。
「なんだ、そんな事か」と思う事なかれ。まだSALON業務を始めて日の浅い私ですが、セッティング直後、男性様から次のような声をよく聞きます。

 

「う~ん、ルックスはそこまでタイプじゃないんだけど…。でもゲンキな女性だったから、ひとまず外出します」

 

もちろん、外見がストライクゾーンから完全に外れていた場合は難しいかも知れませんが、「いま一つ、何か物足りない」となった時に、「ゲンキ」が外出の決め手となる事は多々あるようです。
ただし、ここで言う「ゲンキ」というのは、単純に「口数の多さ」ではありません。

 

女性様にも、それぞれのキャラクターがあります。アクティブな人もいれば、おっとりとした人もいます。
それらを変える必要は全くなく、要はどんな性格であれ、心の根っこにゲンキが備わっているかどうか?心が明るく上向きで、ハツラツとしているかどうか?

 

こういった内面の輝きが、どうやら20分間の短い会話の中で魅力となって如実に表れるようです。

 

確かに、心の奥底がゲンキで健全な女性は、瞳もキラキラしているし、何となくプラスのオーラが漂っているように思えて、思わず一緒に居たくなってしまいます。

 

時には、ポジティブな女性を「演じる」事も大切。間違っても、テンション低いまま、宝の20分間をやり過ごさないで下さいね!

 

紳士な男性様と素敵な交際に発展するためには、まずはセッティングで確実に選ばれるオンナになる事。

そんな内面美人を、私も全力でサポートして参ります!

 

 

THE SALON
葉山 慎司