BLOG

サロン日記

  • HOME
  • BLOG
  • 「高学歴」は、パパ活の武器となるのか?

「高学歴」は、パパ活の武器となるのか?

いつも、お世話になっております。

最近、やたらとスニーカー選びにハマっている、THE SALONの葉山です。

 

とりあえず、街でABCマートの黄色い看板を目にする度に、条件反射のごとく立ち寄っている自分がいます(笑)。

それに加えて穴場なのが、大きめなスポーツショップのシューズフロア。

 

並んでいるスニーカーたちが、他とはガラリと違った顔ぶれだったりすると、もう胸の高鳴りを抑え切れません!

 

と言っても、私は元々、スニーカーに詳しい人間でもなければ、面白いウンチクを語れるワケでもないんです。

 

ただただ、「asics」のスニーカーが大好きなだけなんです!

(今はasics以外、全く興味ありません…)

 

デザインや履き心地は当然ですが、最近のasicsは、特に絶妙な「色合い」が最高で(あくまで私の好み)、第一印象からガシッと心を鷲づかみされるカラーが多いんです(熱)!

若い頃は、完全にノーマークのブランドだったのに、「人の好みって変わっていくものなんだなぁ」と痛感しています。

 

さて、ブランドと言えば。

モノからヒトへと話は変わりますが、「高学歴女子」もまた、世の男性からすれば、煌びやかなブランドと言えるのかも知れません。

 

SALON男性様の中にも、マッチング条件の1つとして、女性様の学歴を重要視されている方がいらっしゃいます。

私の肌感覚からしても、多くの男性会員様は、「知性」や「品性」というワードが大好物です(笑)。

 

そして、この「高学歴」というブランドには、知的で品のある女性像を、男性様に無条件でイメージさせてしまう程の、強烈な説得力があるんですね。

 

ですが、ここに落とし穴がある事も忘れてはいけません。

なぜなら、あくまで出会いのフィールドが「パパ活」だからです。

 

学歴を、複数あるマッチング条件のうちの1つとして楽しむ分には良いですが、太~い1本柱として頼ってしまうのは、ベターではないと考えます。

 

ともすれば、

 

「高学歴なのに、あざとかった…」

「高学歴なのに、スレていた…」

「高学歴なのに、アレコレ想像と違った…」

 

等と、男性様が勝手に期待と幻滅を繰り返してしまったり。

 

「いやいや、これはパパ活ですから!」

「本気の本気で、女性に知性や品性を求めないで!」

「他人よりも優秀な大学を頑張って卒業したという事実、それだけで充分素敵じゃないか!」

(葉山、心の叫び)

 

もちろん、実際に高学歴で、見るからに知識と教養に満ち溢れていて、外見・内面ともに美しい女性様も多くいらっしゃいます。

反対に、高卒や専門卒であっても、知的で地頭が良く、誰よりも多い会話の引き出しで、男性様の心をつかむ女性様もいらっしゃいます。

 

いずれにしても、お互いフラットな視点で会話してみなければ、相手の本当の魅力を感じる事はできないという事です。

 

私自身、女性にとっての真の知性や品性とは、単なる表面的な知識レベルの問題ではなく、男性を心から尊重する「父性尊厳」の心が培われているか否かによって決まると思っています。

つまり、たとえ華々しい学歴があり、品格ある雰囲気を装っていたとしても、心の根っこで男性の存在を見下しているような女性は、品性が足りていないという事です。

 

SALONでも、良い意味で女性本来の弱さを認め、男性を立てることのできる「守られ上手」なキャラクターの女性こそが、可愛げがあってマッチングも上手くいくような気がしています。

父性については、私が大事にしているテーマでもあるので、またの機会に、詳しく書いてみたいと思います。

 

それでは、10月もSALONにて、皆様とお会いできる事を楽しみにお待ちしております!

 

 

ー 銀座・完全会員制パパ活サロン ー
THE SALON(ザ・サロン)
コンシェルジュ 葉山 慎司

 

CONTACT

ご入会のお申込み・ご相談

ご質問だけでもお気軽にご連絡ください

メールでのご連絡はこちらから

*は入力必須項目です