BLOG

サロン日記

メリクリの準備はOK?

いつも、お世話になっております。

「カフェ」よりも「純喫茶」が好きな葉山です。

 

連日のセッティングで、何かとバタバタしている12月。

(年中、バタバタしてる気もしますが!)

 

ふと急に、「今日の休憩時間は、静かなお店でコーヒーでも飲みたいな〜」と思い立った私は、銀座に詳しい羽田に聞いてみました。

「この辺りに、イイ感じの純喫茶って、ありますかね?」

 

そしたら、教えてもらえましたよ。

SALONの近所にある、古き良き、昭和レトロな雰囲気の漂う純喫茶を。

 

ゆったりとボサノバの流れる店内で、香りの良いブレンドコーヒーと、定番のピザトーストを注文して、束の間の「一人時間」を満喫しました。

夕方には、妻からLINEでメッセージが。

「無事にケンタッキー予約できたよ!」

 

そっか、もうすぐクリスマスなんだよなぁ。

 

SALONでは、内装もガラリと変えて、大きなツリーも飾って、「クリスマスイベントでくじ引きやってます!」等と盛り上がっているけど…。

プライベートでは、全く「クリスマス・ムード」に切り替わっていない自分に気付きました。

 

思い返せば、10代や20代の頃は、クリスマスと言えば「一大イベント」でした。

特に若者にとっては、「1年間の集大成」と言っても良い程、その年のクリスマスを恋人と一緒に過ごせるか?」というのが、命題とも言うべき超重要なテーマだったわけです!

(決して大げさな話ではありませんよ)

 

ましてや、オトコにとって「彼女のいないクリスマス」は、すなわち死を意味していました(笑)。

 

「何としてでも、クリスマスまでには彼女を作るぞ!」といった「無謀な計画」や「悪あがき」がありました。

たとえ結果として実らず、見事に玉砕したとしても、それらをネタに男友達同士で集まってワイワイやったり、親には一丁前に見栄を張ってオールナイトで出掛けてみたり…。

そういった一連の「ワチャワチャ感」も全て引っくるめたものが、当時の自分にとってのクリスマスマス・ムードだったのかな?と、今さらながら懐かしく思います。

 

もちろん、恋人に限らず、家族やペットや友人等、その時その時の大切な人たちと共にクリスマスを過ごせる喜びを、何歳になっても忘れずに味わっていきたいものですね。

 

そして時には、大切な「愛人」とのクリスマスも!

(いかにも、SALONらしい締めでしょう?)

 

たまには、しっとりと純喫茶で「ロンリータイム」に浸るのも素敵ですが…。

 

この12月は、ぼっち禁止令!

SALON男女会員の皆様には、どうかクリスマスっぽく、まだまだハメを外して頂きたいと思います(笑)。

 

ともあれ、引き続き年内も、SALONでお会いできる事を楽しみにお待ちしております!

 

 

ー 銀座・完全会員制パパ活サロン ー
THE SALON(ザ・サロン)
コンシェルジュ 葉山 慎司

CONTACT

ご入会のお申込み・ご相談

ご質問だけでもお気軽にご連絡ください

メールでのご連絡はこちらから

*は入力必須項目です