BLOG

サロン日記

  • HOME
  • BLOG
  • 会話すれども主張せず。

会話すれども主張せず。

いつも、お世話になっております。
THE SALONの葉山です。

 

つい先日。ある男性会員様より、セッティング成立からの外出後に、このようなフィードバックを頂きました。

 

「食事に行ったら、女性から知人の自慢話ばかりされた」

「私(男性)への質問もなく、ひたすら自分(女性)の事ばかり話された

 

実は、こちらの男性様。

そこまで好みのタイプでは無かったにも関わらず、この日は悩んだ末に、最後は女性様を立てるような形で外出を決めて頂いたのでした💦

 

「イイ子だったし、彼女が頑張ってトークしてくれているのが伝わったから」と。

 

そういった経緯を知っていた私。

それだけに、実に申し訳なく、苦々しい気持ちになりました…。

 

おそらく彼女、20分のフリートークでは、かなり必死だったんじゃないかと思います。男性様に気に入られようと、合わせて合わせて。

そして、いざ成立となって外出したら、手の平を返したようにエゴイズム出しまくりってか(苦笑)~

さすがに、普段は女性会員様寄り(?)の葉山でも、こういったタイプの女性は、全くフォローする気になれません。

 

目に見えない、あえて表に出さないオトコの厚意や優しさを、一体何だと思ってるのか!

 

「オトコ代表」として、「オトコ目線」で、ガツンと言ってやりたい気分ですね。

1件のマッチング成立の裏には、男性様の繊細な気遣いや葛藤がある事を、女性様にも少しは知ってもらいたいんです。

 

もちろん、そういったオトコ心を、充分に心得ているSALON女性様もいらっしゃいます。

そんな「内面美人」は、どことなく気品を持ち合わせていますし、私たちスタッフも思わず応援したくなるような、プラスのオーラを身にまとっているものです。

 

月並みな表現になってしまいますが、やっぱり何事においても、感謝の心を忘れてはダメだと思います。

まさか、「選ばれて当然」「受け取って当たり前」なんて、思い上がっていませんか?って事です。

 

その傲慢さは、遅かれ早かれ、必ず男性様の前で露呈する事になります。早ければ、外出直後のお食事デートで…。

ある意味で、女性の知性や品性は、フィーリングタイム直後の言動にこそ、如実に現れると言っても過言ではないのかも知れません。

 

そりゃ、誰だって自分が可愛いし、キレイ事抜きに、自分中心に地球が回っています。

誰だって自分の魅力を知ってもらいたいし、自分の凄さをアピールしたいもの。だけど男女のデートでは、そこをグッとこらえて。

 

「会話すれども主張せず」

です。

 

決して出しゃばらず、会話や空気感そのものを、2人でゆったり楽しむ余裕を持てると良いですね。

せっかく、男性様に外出を決めて頂いた後のお食事デート。今度は、男性様を大いに楽しませてあげて下さい!

 

ただ自分の主義主張をするのは簡単ですが、もっともっと、男性様のパーソナリティに関心を持って頂きたいのです。

 

だって、もしデートで女性から何にも質問されなかったら…?

私だったら、身も心も萎えて、一気に戦意喪失。確実に「次は無いな」と思ってしまいます…。

 

今回は、前回の流れから見事に脱線して、「女らしさ」を偉そうに語ってしまいました。

次回こそ!「男らしさ」について思う所を書いていきたいと思います。いや、また気が変わって書かないかも知れません(笑)。

 

気まぐれですが、SALONについて、その時その時に感じた事を、ゆる~くお伝えして参ります!

 

 

THE SALON
葉山 慎司

CONTACT

ご入会のお申込み・ご相談

ご質問だけでもお気軽にご連絡ください

メールでのご連絡はこちらから